nobu417.jp

ブログエントリー

ずっと履く靴は AIR JORDAN シリーズに決め打ちで10年近く過ごしてきたんだけれども、最近ふと革靴でいいのないかなとか思ったりして、どうやらチロリアンシューズってタイプだと見た目はちょっとカジュアルらしいってことがわかったり。そんな流れでビルケンシュトックの PASADENA を買ってみました。

革靴に対して持っていた先入観

革靴ってビジネスマンがスーツに合わせてバシっと履きこなすってイメージが強くて、普段結構カジュアルな格好で (そもそも髪の毛がピンクだし) 仕事もプライベートも過ごしている自分にとっては無縁のものって先入観があったんですよね。あと、どうしても先が尖った革靴とかが好きになれなかったり (だから女性のヒールの先が尖ったようなのも正直苦手です) 、革のブーツは冬とかに履くことがあったんですけど、普段履きの革靴って発想自体が自分にはなかったんです。

雑誌でみかけたチロリアンシューズ

珍しくファッション系の雑誌なんかを眺めていた時に、ふと目に留まったのがパラブーツのチロリアンシューズ。自分が苦手って思っている靴先が尖っていないし、なんとなく雰囲気もカジュアルでいけそうだし・・・でもパラブーツのチロリアンシューズだと6万円くらいすると書いてある。

でも「チロリアンシューズ」ってキーワードで探せば、もう少しお手頃な靴もあるんじゃないか、と探してみたわけです。

そこでいろいろ探していたら出会ったのがビルケンシュトックの PASADENA。お値段も3万円ほどと、パラブーツのものに比べればお手頃だし、ちゃんとソールの張り替えもできる (1万円くらい) から、手入れさえすれば長いこと履くことができるとのこと。

早速地元吉祥寺の販売店に行って、足のサイズを測ってもらって、そのまま「タバコ」って色を購入しました。色味も薄目のブラウンっぽいからカジュアル、フォーマル、どちらでも通用しそうだし、なによりも店頭で試し履きした時から、足にぴったりですごく歩きやすい。今まで持っていた革靴の歩きにくそうっていうネガティブな印象を見事にひっくり返してくれました。

手入れ

まあこの靴を買うまで、ほとんど革靴なんて履いたことがなかったので、手入れとか考えたことがなかったんですね。ただ長く履くには、やっぱり手入れとか必要になってくるわけで。

でも大したことはしていません。ブラシで汚れを落として、オイルをごくごく少量布切れに付けて、靴を磨くだけ。それを10日に1回くらい。毎日履いているんで、そのくらいのペースでお手入れした方がいいかな、と。別に誰かにどれくらいのペースでお手入れした方がいいとか聞いたわけではないんで、10日に1回というのは完全に自己流。磨き方、なんかはウェブで探しましたが。

まだ1回しか磨いていませんが、オイルで磨いたらぴかぴかになって、それはそれでかなり気持ちいい。

大事に履いていこうと思います。そろそろまた磨こうかな。

この記事へのコメント