nobu417.jp

ブログエントリー

自宅にいる時は MacBook Pro はサーバーの Mac mini に AirServer っていう Mac を AirPlay サーバー化するアプリケーションを入れて、Mac mini に接続しているスピーカーからワイヤレスで音を流しています。さて、問題は MacBook Pro の音声ソースをカンタンに切り替えることです。

メニューバーにサウンドのアイコンを表示

iTunes の音声だけだったら iTunes 自身から AirPlay 先を選べるのに、システムレベルの音声を全て AirPlay で流そうとすると、いろいろややこしいんです。「システム環境設定」の「サウンド」から「出力」を辿って行けば、一応 AirPlay なスピーカーから、手元の Mac の音声は全て流すってことができるのですが・・・いかんせんステップが多すぎる。

そしてどこかで見つけたのが、メニューバーにサウンドのアイコンを表示させた状態で、Option + クリックする。すると AirPlay を含めた音声出力先が一覧で出て来ます。あとは目的の AirPlay 先を選択。

これならカンタン。

普段オフィスではイヤフォンやヘッドフォンで音楽を聴いていますが、自宅ではできたらスピーカーから流したい。でもイチイチスピーカーのケーブルを接続するのが面倒・・・ってことで自宅では AirPlay を使っているんですが、この使い方をするようになってから、かなり快適になりました。

この記事へのコメント