nobu417.jp

ブログエントリー

タイトルだけだと何のこっちゃ?という話なのですが、デジタルな iPad のタッチ画面に対して、スタイラスを使ってアナログな体験を再現する、ってことにある種の脅威を覚えているんです。

アナログはアナログであるべき

iPad を使って幼子がコンピュータを初体験するのも、楽しみを見出すのも、例えばぬりえだったり、ちょっとした教育系のゲームだったり、情操教育だったり云々含めて、節度を持った活用ならこのご時世を考えれば大賛成なんだけど、単純にスタイラスってもの自体を危惧しているんですね。

スタイラスって要はペンの代替じゃないですか。

スタイラスを使ってタッチ液晶に入力って行為を行うことに違和感を感じているんです。タッチ画面っていう疑似体験の上に、さらにスタイラスっていう、もうひとつの疑似体験レイヤーを重ねている辺りが、なんとも気持ち悪い。

どういうことかと言うと、指先を使ったコンピューティング体験って、画面の中で起こっていることと実際の行動は一種の疑似体験としてリンクしているんだけれども、実はすごいアナログなものなのではないのかな、と。少なくとも、iOS には指先で操作した時に、そのアナログ感があるんですよね。俗に言う「ぬめぬめ感」なわけですけど。Android のその辺りの挙動はさておいて。

だから iOS を指で使うとアナログ感を疑似体験できる。

それがスタイラスを使った途端に、なんともナンセンスな感じを受けるんですよね。

Galaxy Note は新しいアプローチ

もちろん、Galaxy Note みたいにそれをウリとしているならいいのかもしれないです。あれは方向性として、ノートの代替を携帯端末で実現してみようってことだと思うし、もはや指で使うものではないと思っているので。実際、筆圧感知とか、Galaxy Note もよく出来ているな、と思っていたけれども、最新の Galaxy Note 2 とか、またそれ以上によく出来ているんですよね。

でも iOS デバイスにスタイラスはなんかナンセンスに思える。

せっかく指先で気持ちよく使えるように最適化されているのに、それを無視しているような感じが・・・。そして iOS はスタイラスに最適化されていないようにも思えるんです。

だから打ち合わせとかで時々、iPad とスタイラスを持っている人を見かけたりすることもあるんですけど、ならノートとペン or iPad or Mac/PC のどれか、もしくは組み合わせで使えばいいのではないのかな、と。今時、どうしても書いたことをデジタル化したいなら、Evernote 対応のモレスキンなんかもあるわけですし。

最後に

僕には 9.7inch だったり 7.9inch だったりの画面に向かって、スタイラスで文字を書いている人が滑稽に見えてしょうがない今日この頃なのです。と、今日は久々にちょっと過激なことを書いてみましたが、いかがでしょう?

最後に書いておくと、別にタブレットを活用して作品制作だったりと専門的な用途を行うことを否定しているわけではないです。ただ、単純な「書く」って行為をタッチ液晶にスタイラス、の組み合わせに置き換えることに疑問を呈しているだけですので悪しからず。

この記事へのコメント