nobu417.jp

ブログエントリー

ここのところしらばく、特に iPad mini を一番新しくて待望だった Retina モデルにしてからは、めっきり Newsstand だったり iBooks だったりで電子書籍を楽しむことが多くなっていた iPad mini。実は最近、また使い勝手のいいキーボードを手に入れてしまったことで、仕事でもかなり使うようになってきています。

Logicool Ultrathin Keyboard Folio

その使い勝手がかなりいいという iPad mini 用のキーボードが Logicool Ultrathin Keyboard Folio 。実は以前に同じ Logicool 製の Ultrathink Keyboard mini っていうのを使っていたんですけど、スタンドとして機能させる時の角度がきつかったりして、しばらく使った後に、あまり使わなくなっていたんですよね。

ただその Ultrathin Keyboard mini は・・・

物理的にサイズが小さくなった分キートップサイズが小さくなって打ちづらくなる事を心配されると思いますが、大胆に一番左のTabキーやCaps Lockキーなどのある列を削除し、更にアルファベットキーと記号キーでサイズを変えることで、アルファベットキーのサイズを維持してるので打ちづらくなった感じはあまり感じません。

当時書いた記事 でも上記のように drikin さんのブログ を引用していたんですけれども、キー配列が非常によくできていて、今回購入した Folio の方も、同じシリーズってことで、この素晴らしいキー配列を引き継いでいるんです。

その上で、僕も感じていて、引用しているブログ記事でも言及されているんだけれども、iPad を立てた時の角度がきついって問題が、今回の Folio では見事に解決されていて、普段デスクや、それこそ膝の上で使う時にも、かなりちょうどいい角度を付けてくれるようになりました。

iWork での書類作成が捗る

iWork は去年 iOS 版のアップデートがくる以前って、あまり使い勝手がよいとは言えなかったんですよね。無理矢理 Mac の iWork を iPad に対応させましたって感じで、操作性があまりよくなかった。それが去年のアップデートで、iWork はタッチ操作でもかなり使いやすく生まれ変わったんです。

最近は MTG 用の資料を Pages で作ったり、発表用の簡単なプレゼンデータを Keynote で作ったりと、いろいろやっています。やっぱり Documents in the Cloud が便利で・・・全く意識することなく、Mac と iPad で書類データ同期ができちゃうわけだから。

Evernote と ATOK Pad

なんだかんだで最近よく使っている Evernote。こいつを日常的に使うようになったのも、やっぱり iPad を仕事でもガシガシ使うようになった大きな要因でもある気がします。先に書いた Documents in the Cloud と同じなんだけど、データがデバイスを意識しなくても、同じように閲覧、編集できるわけで。

そして ATOK Pad。

ATOK Pad で編集したデータは Evernote に保存してあって、さらに日本語である程度まとまった文を書く時には ATOK Pad と Ultrathin Keyboard Folio を使えばストレスフリーなので、この2本のアプリとキーボードなしには、iPad mini での仕事って語れない気がしています。

以前、もうかなり昔ですけど、このブログを出先で書くために、キングジムの pomera を愛用していた 時があるんですが、その当時の pomera の良さって掲載性だったり辞書に ATOK が採用されていたことだったりしたんですね。今、ATOK Pad を iPad で使っていて、Mac では ATOK Passport で使っているんだけれども、今時は ATOK Sync なんて便利なサービスもあって、これを使えば学習された辞書だったりのデータが、やっぱりデバイス間を飛び越えて同期することができる。これもすごい便利ですよね。

蛇足ですけど、当時使っていた pomera のキーピッチが17mm、そして今使っている Ultrathin Keyboard Folio のキーピッチが16mm、ただ Ultrathin Keyboar Folio はアイソレーションタイプなので・・・恐らく、常用するキーボードとして、自分にとって必要最低限なキーピッチがこのくらいなのかな、と感じさせられました。

次世代 iPad はバッテリー駆動20時間とかになって欲しい

初代の iPad が発表された時にすごいと思わされた点のひとつが10時間のバッテリー駆動なわけですけれども、今この辺りのスペックって MacBook Air の13inch モデルが12時間動くとかになっちゃっているわけで、iPad は抜かれちゃったんですよね。そして、1日ヘビーに iPad を使っていると、やっぱり最近は10時間じゃ心許ない時もあったりするわけです。

iPad Air で小型、薄型化した現行の iPad シリーズですけど、次はもう画面の解像度とか上げなくていいと思っていて、如何に今のサイズを保ったままでバッテリ駆動時間を伸ばすか辺りがポイントになってくるんじゃないかと思っていたりします。

そんなわけで、久しぶりにこの長い記事を iPad とキーボードで書いてみる、そんな深夜でした。

この記事へのコメント