nobu417.jp

ブログエントリー

drikin さんがちょっと前に書いていて 、すごく気になっていた iPad mini 用のキーボードが、秋葉原を歩いていたら日本でも発売されていたので、思わず買ってしまいました。

ソフトウェアキーボードを推し続けてきたけれども・・・

まずはじめに、iPad ブロガーを自称するようになってしばらく (かれこれもう1年くらい経つのかな?) 経つし、今まではずっと、誰に何を言われようとソフトウェアキーボードを推し続ける立場だったわけだけれども、このキーボードは使ってみると素直にすごいと思える一品でした。

ちゃんとキーピッチが確保されている

オリジナルサイズの iPad って横幅もそれなりにあるし、各社から発売されている専用に設計されたキーボードもキーピッチが充分に確保されているものが多いのだけれども、iPad mini ってやっぱりそのサイズ的な制約から、キーピッチが確保されたキーボードってなかなかなかったんですよね。

物理的にサイズが小さくなった分キートップサイズが小さくなって打ちづらくなる事を心配されると思いますが、大胆に一番左のTabキーやCaps Lockキーなどのある列を削除し、更にアルファベットキーと記号キーでサイズを変えることで、アルファベットキーのサイズを維持してるので打ちづらくなった感じはあまり感じません。

drikin さんも自身のブログで言及している通り、このキーボードは左1列分の制御系のキーがごっそり取り除かれているので、キーピッチが最大限に確保されています。これはすごい発想。

ただし、全てがいいことばかりでもないんですね。

左側1列分のキーがないせいで、ホームポジションが若干左寄りになってしまいます。これが今はすごい気になる。

慣れてしまえばどうってことないのかもしれないですが、まだ使い出して数時間ということもあって、ここだけが少しばかり気になっています。その他に関して言えば、iPad mini というかなり大きな制約のあるサイズの中で、よくこれだけ打ちやすいキーピッチを確保したなぁと感心させられるばかりです。

iPad のコントロール系のキーもしっかりある

一時期 iPad に外付けキーボードを繋いで使っていた時にすごいストレスだったのが、ホームボタンは iPad 本体のホームボタンを押さなければいけなかったことだったんですよね。当時は今は懐かしい、Dock 端子搭載の Apple iPad Keyboard くらいしか、ホームボタンキーを持ったキーボードがなかったり、件の Apple iPad Keyboard は持ち運ぶようなものでもなかったりと、なかなか苦労したものでした。ただこのキーボードはホームボタンのキー、音量調節系のキーなど、iPad 本体を触らずとも操作できる一式のキーが装備されているので快適です。

特に・・・今、iPad mini でブログを書いているのですが、Skype や Twitter をやりながらだと、通知が出るじゃないですか。そんな時にアプリケーションを切り替えるわけですが、キーボードにホームボタンキーがあるおかげで、それを軽く2回押すとマルチタスキングのアプリケーション選択ができるんですね。アプリケーションの選択はアイコンが下に出るので、キーボードをタイプしている手の流れで、目的のアプリケーションも選択できてしまいます。この辺り、思っていた以上に全くストレスがありません。

iPad ブロガーなら持っていて損のない一台

まあ個人的にはずっとソフトウェアキーボードを推してきていたのに、今更なんだ?って言われてしまいそうな話ではあるのですが、やっぱり物理キーボードは快適でした。もちろん、ソフトウェアキーボードの出来が悪いわけではないです。ただ、このキーボードは実際に使ってしまうとすごすぎる・・・それくらい感動モノな一品です。

iPad mini にくっつけて持ち歩いてもそんなに重さも厚みも気になりませんでした。

iPad ブロガーとして、久しぶりにかなりオススメな iPad mini 向けアクセサリの紹介でした。

おまけ

先日購入した ROBERU KOWAKI にも、このキーボードをカバーとして装着した状態の iPad mini とモレスキンのラージサイズ、そして RHODIA の12番はちゃんと収納できたことを追記しておきますね。

この記事へのコメント