nobu417.jp

ブログエントリー

設計が一部新しくなって、価格も改定された (そして Evernote 版も出た) ひらく PC バッグを購入してみた。某チャットでいしたにさんと話していて、ちょっとしたところからこぼれて出て来た「セッティングするカバン」が、恐らくひらく PC バッグを紐解く上での、かなり重要なキーワードになりそうだ。

ひらく PC バッグを生活の中心に据える

一般的なカバンは、基本的にモノを運ぶためのツールだ。例えば荷物を "梱包" して自宅とオフィスの間でモノを持ち運び、それぞれの目的地に着いたら "開梱" した上で作業に取りかかる。

ひらく PC バッグはここがちょっと違う。

ひらく PC バッグの場合、バッグがオフィスのデスクの引き出しや書斎なんかの収納ツール "そのもの" になる。デスクの上にフタをフラップさせた状態で置いておけば、そのまま全てのツールにアクセスできるし、使い終わったらそのままバッグの中にしまっておけばいい。収納ツールである上で、それをどこにでも持ち出せる感覚だ。

移動するために荷物を毎回 "梱包" してやる必要も "開梱" する必要もない。

Mac や iPad は当然のこと、モレスキンやカメラ、HyperJuice、その他小物をひらく PC バッグの中に後述するように自分なりの秩序を作って収納していく。すると、ひらく PC バッグは "バッグ" のようでバッグを超えた存在になる。

ルール (秩序) は自分で作る → セッティングする

ここですね、重要なキーワード。セッティングするカバン。

ひらく PC バッグは配送されてきて届いた "素" の状態では、まだ自分のカバンとは言えない。

例えるなら、新居に引っ越しても家具などの自前の荷物を運び込んで設置しなければ、それはまだ自分の家、部屋とは言えないのと同じ。

ひらく PC バッグの場合も、実際に自分の普段持ち運ぶ荷物を、秩序をもって整理して入れておくことで、初めて快適な体験を生むことになる。

Mac と iPad は予めそれっぽいサイズのポケットがあるので収納に悩むことはない。僕は iPad ポケットに一緒にモレスキンを、本来手帳や文庫本などが入るであろうポケットに HyperJuice と RHODIA を入れてみた。なかなかしっくりくる。

残りの部分には付属していた3つのパーティションを使って、左からカメラ (OM-D)、ペットボトル入れ、いつもかぶっているニットの帽子を丸めて入れる帽子入れ、そして小物類と分類してやった。ちなみに WiMAX は普段は手を触れる必要がないので、一番右側にあるモバイルバッテリー用ポケットに入れて、HyperJuice と USB ケーブルで直接繋いである。WiMAX は HyperJuice と接続されているので、普通に使っていたらバッテリーがなくなことはまずない。ひらく PC バッグはモバイル Wi-Fi スポットにもなってしまった。

オリーブグレーは売り切れ、年内の在庫は僅少・・・

最後に残念なお知らせ。

これだけべた褒めしているひらく PC バッグだが、既にオリーブグレーは売り切れで再入荷は来年の2月、僕の購入したブラックも在庫は僅少な模様。年末、ボーナスが出たから買う!とか、自分へのクリスマスプレゼントに!では、ちょっと年内に手に入れるのは難しそう。買うなら今・・・じゃなきゃ来年になりそう。

2万円でお釣りがくるようになったひらく PC バッグ。

今、買っておいてよかった。

この記事へのコメント